ブログ

地方議会と無記名投票

昨年、人吉市議会での無記名投票が話題になり僕もブログで取り上げましたが、大学の地方自治の授業でも少し話題になりました。

人吉市議会議員による副市長再任案の無記名投票について僕の地元である熊本県の人吉市議会で副市長の再任を求める議案が否決されました。 その際に行われた採決の方法が一部議員の申し出によって...

そもそも議会での表決の方法は、①起立による採決、②投票による採決(記名投票と無記名投票)③簡易採決などがあります。

その中で無記名投票は、誰が何に投票したのかがわからないようにする投票方法です。例えば、僕たち一般の有権者が国会議員や地方議会の選挙で投票をする場合は、無記名で投票を行います。これは秘密投票と言われます。投票が公開だった場合、投票先指図などの脅迫・強要、開票結果による報復、または買収・贈賄につながりかねず、正当な選挙が望めなくなるとされているためで、秘密投票は投票内容の非公開が保証される投票方法とされています。

ただし、これは一般の国民が投票をする場合です。例えば、議会での議案の採決は議員がいかなる投票をしたか明らかにするため公開が原則とされていますこういった理由から、国会では原則として無記名投票は行われません。どの議員が何に賛成し、反対をしたのかを明らかにすることは、有権者がその議員を判断する有力な材料になり得ますし、議員は票を投じることに責任があるからです。

唯一の例外は、国会の正副議長を決める場合において。この場合は、無記名での投票が定められています。

衆議院規則第3条第2項:議長の選挙は、無名投票でこれを行う。
参議院規則第4条:議長の選挙は、単記無名投票でこれを行う。

理由としては、「議員が何ものにも拘束されることなく自己の判断に従って投票できるようにする」、「当選した正副議長が、投票者の意向等に捕らわれることなく、中立、公正な院の運営にフリーハンドで当たれるようにする」ことが挙げられています。

一方、地方議会では、議会の規則で議員の申し出によって無記名での投票を採用できることを定めている場合があります。この地方議会での無記名投票を巡っては様々な意見が存在します。

僕が以前取り上げた、人吉市議会での副市長再任案否決の際の無記名投票実施については、市に以下のような意見も寄せられています。副市長再任案の是非についてはまた議論の分かれるところですが、無記名であることに対して無責任だ、市民に賛否を明らかにすべきといった内容です。

副市長の選任が市議会で否決された記事を新聞で見ました。 賛成反対された方のコメントも載っていましたが、良くわかりません。 どの組織にも大なり小なり正を補佐する副は必要と思うのですが、新聞を見る限り、市議会がどのような議論を行い、不必要と判断されたのかはわか りません。

また、3人の方が無記名投票という自分たちの意思が他人にわからないと いう私達には信じられない方法で決めることを提案されたとありましたが、 どういうことなのですか、あまりにも無責任ではないですか。

 私は、市議会も市民にわかるような活動はするべきだと思います。

8人が賛成し、9人が反対したとのことですが、誰がどのような理由で賛 成したのか、反対したのか、また18人だからもう一人はどうしたのか、一 人一人の賛否とその理由を、私たちにも教えてください。

また、副市長がいないことで私たちが困ることがあるのかどうか、私はわ かりませんが、市議会はわかっているはずだと思います。 もし、その時は、市役所だけが悪いのではなく、反対された市議会にも責 任があると思いますが、その時は市議会も責任を取られるのですか。

教えてください。

人吉市「ひらめき箱」
https://www.city.hitoyoshi.lg.jp/dl?q=31841_filelib_8b3210b7057b60a69928958915dea11a.pdf

一方で、地方議会だからこそ、無記名投票が必要だとする声もあります。議会制度研究アドバイザーで元全国議長会議事調査部長の野村稔氏は、地方議会における無記名投票の意義として以下のように述べています。

地方議会における無記名投票の意義です。国会は記名投票しかないのです。なぜないか。政治責任を明確にするからなんでしょう。ところが、大阪府議会で、何だか府庁がどこか に移転する議案を無記名投票で採決したら、知事が、おかしいじゃないか、というのが新聞に載っ ていました。

私はたまたまそのとき大阪に行っていた。大阪に行っていたので、それについて議会事務局は 改正を考えるんだと新聞に載っていたから、すぐ電話かけて、「府民ですが、会議規則を改正して 無記名投票制度をなくすような報道がありますけれども、なぜそういうことをやるんですか。知 事と議会は別でしょう。二元代表制なんだから」と言った。

なぜ地方議会に無記名投票があるか。地域が狭いから、利害が密着しているから、例えば特に 町村なんかはその典型です。自分の選挙区のところに不利益なものをつくるといったときに、そ れは住民全体にとって必要なものであるから、つくることに賛成だ、ということで賛成したら、 おまえはここから出ているんだろうといって、次の選挙では落選です。でございますから、無記 名投票でやればそれがわからないのであります。地方議会は地域が狭いから、無記名投票制度の 存在価値があるのであります。

そのことが橋下知事さんの言い分の中には一つもありませんでした。国会の考えだけがあった。 政治責任を明らかにすることが強調されていましたが、なぜ地方議会に無記名投票があるかとい うことを一遍お考えいただきたい、こういうことであります。

議会職員執務資料シリーズNo433「議会運営とこれに関連する議会活性化について」

http://www.gichokai.gr.jp/archive/member/series/433.pdf

狭いコミュニティだからこそ、一つ一つの投票が人間関係に支障をきたすといった意見も聞いたこともありますが、そしたら有権者から議員として選ばれた責任をどう果たすんだ?といった考え方もあります。地方議会のなり手不足も深刻になっていく中で地方議会が抱える課題は大きいように思います。

皆さんはどうお考えですか?

こちらの記事もおすすめ